プレミンに副作用はあるの?

プレミンを妊娠中に飲むとどんな効果がある?

 

プレミン妊娠中

 

妊活サプリプレミンは、妊娠中に飲むとどんな効果があるのでしょうか?

 

飲む前に知っておきたい情報調べてみました。

 

 

プレミンを妊娠中に飲むとどんな効果があるの?

 

→

 

ひとことで言えば、プレミンは妊娠中に不足する栄養分を補って赤ちゃんがおなかの中で元気に育つようサポ―トしてくれるものです。

 

特に妊娠中に大事だといわれる葉酸が不足すると大変なことになってしまうんですよ〜!

 

妊娠中に葉酸が不足するとどうなる?

 

プレミン妊娠中栄養葉

 

妊娠中に葉酸が不足すると、おなかの中で赤ちゃんが十分に育ちません。

 

葉酸は細胞のをつくったりや発育するために欠かせない栄養なんです。

 

もしも葉酸が不足してしまったら・・・

 

神経管閉鎖障害や先天性疾患が起こります。

 

 

神経管閉鎖障害とは妊娠の4〜5週ごろにおこる先天異常で神経に障害が起こってしまうことです。

 

場合によっては流産や死産することもあります。

 

 

先天性疾患とは身体や臓器などに障害を持って生まれる可能性があるということです。

 

 

 

こういった障害や疾患を防ぐためにママがとるべきなのがプレミンなんです。

 

プレミンは妊娠中の女性に足りない成分を補ってくれる心強いサプリメントです。

 

妊娠中に摂るべきプレミンのはたらき

 

 

プレミンを飲めばどんな栄養が摂れるかをまとめてみました。

 

葉酸

 

妊娠中は食事にプラスして400μgの葉酸が必要と言われています。

 

これを1日たった4粒で解決できるのがプレミンです。

 

 

ビタミンC

 

食事以外に摂るべきビタミンCは40r

 

レモンに換算すると2個分が足りないんだそうです。

 

 

食事以外に必要な鉄分は15r

 

たった15rぐらいだったらすぐにとれそうですよね。

 

でもただの鉄分ではダメなんです!

 

鉄分の中でもヘム鉄と呼ばれるものは葉酸の吸収をUPさせる効果もあるんです!

 

プレミンにはヘム鉄をブレンドしているので一石二鳥です!

 

カルシウム

 

食事にプラスして必要なカルシウムは240r

 

食べ物に例えると厚揚げ2分の1です。

 

これぐらいなら毎日食べれそうな気がするけど、毎日となれば大変です。

 

 

マグネシウム

 

食事にプラスして必要なマグネシウムは80r。

 

マグネシウムが多く摂れる食材にはわかめがあります。

 

80rのマグネシウムを摂るには毎日の食事に20gのわかめを摂る必要があります。

 

 

プレミン妊娠中栄養

 

 

食べ物に例えると食べれそうな量なんですが、

 

これ、全部たべたらものすごいカロリーになるんですよ〜!

 

妊娠中は特にお医者様から体重のことをチクチク言われるし、ハッキリ言って食べ物から摂るのはかなり効率悪い!

 

そんな苦労なく1日たった4粒で栄養を補ってくれるプレミンがいいんです。

 

ちなみにプレミンは1日4粒飲んでもたった3kcal

 

これなら体重に心配もありません♪

 

妊婦さんの健康と栄養を考えたサプリだからこそ、安心して飲めるんです。

 

もう一つ、飲む前に確認しておきたい副作用についてはこちらにまとめています。

 

↓ ↓ ↓

 

プレミンに副作用ってあるの?

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ